読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

アベカエサルってあるじゃない、アレってどっち周りって話よ

レビュー


なんか、アベカエサルをしてたらね。



アベカエサルって、ほらあのレースボードゲームを。




あれをしてたらね、なんかしっくりこないなーって思ったの。




もう一回やるよ、ってなってね、でもどーしてもなんか違和感あるなー、ってね。




よー見てみるんよ。なんか変だなーって。

ん?いや、わかった。コレだ。




違和感の正体はコレ。周り方が逆だ!ってね。




気付いたんだよね、しばらく逆周りでレースしてたことにね。

反時計周りにね。



どーりで、面白みに欠けるなーって感じてたんだけどさ

声には出さなかったのよ。


やっぱりねーって感じ、逆だもん。そりゃそうだよ、ってね。






んで仕切り直してちゃんとした向きでやったの。

やっぱ、面白いねーって。

もう全員一致で、面白いねーって。







でも、デザインがダメだよねって話になったの。

だって逆回りでもおかしく無いんだもん。





そりゃダメでしょ、ってね。

こういうの逆にもったら、分かるでしょ、そういうことだよ、ってね。

まぁ、特に逆だからってカードは支障無いんだけどさ、コースはあるでしょ、ってね。







とか、侃々諤々言ってたらさ、よく見るとさ、細かいんだけどさ、分かるように作ってんのかもって思ったわけ。





例えばさ、コレとか、この感じ。

よーするにゴールした後はココに、みたいな設定をさ、感じ取れるかなんだよね。

あー、ここに収納すんのね、みたいなね。

ゴールの勢いでさ、そのまま車庫みたいなさ

そういう向きなんだよね、乗るところの向きがさ。





競馬?だっけ。あれもさ、よく考えると、時計回りなんだよね。


というか、馬って時計回りに回すもんなのかね。わかんないけどさ。


なんかそういうことだよね、要するに。



だからさ、よーく見るとさ。

コイツもこっちだよって指さしてんのかもしれないね。


こっちに走れよってさ、そういうのボードから感じ取るって大事だよね、って話。



追伸


パッケージも反時計回りに回るかのような錯覚を与える作りになってる気がする。

(あっさー)

©TANSANFABRIK