読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

身近に潜むボードゲーム「日本史かるた編」

レビュー

ちゃっちゃっちゃっ、僕やか。


ボードゲームってどこに売っちゅうろう、そうお思いのそこのおまさん。


ネットで買う、そのがけに。

ねきにダイソーくらいはあるがやないろーうか。


そのダイソーにもボードゲームは売っちゅうやか。


今日はほがなダイソーで見つけた、チープで安っぽい愛すべきボードゲームを紹介するがで。



日本史かるたやか。

とまぁ、エセ土佐弁で龍馬気取りなんですが、そんなに龍馬伝みてないので、変換に頼りました。
土佐弁コンバータ「よさこい龍馬」

これ、105円じゃなくて210円なんです。ちょっと高級ですね。



ではカードを紹介しましょう。

!!

こ、これで完結しとる…


読み札は補足やん、どこ読んだらええんやろ。



や、やっぱり完結しとる。

年号と事件とがどちらも絵に記載されとる…


これでどうカルタせい言うねんな。




と、いうことでただの暗記カードでした。


でも、カルタってのはポルトガル語でカードって意味だから

きっと「日本史カード」ってことなんだろうね。



たぶんこれは語呂合わせを覚えるカルタ(カード)なんやろ。





「以後よく広まるキリスト教」


「1549、はいっ!」

あ、カルタできるね。




うん、なっとく。さらに三段階の勉強もできるし、文句ないね。




(あっさー)

©TANSANFABRIK