TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

音楽(ココロ)を掘り起こせ。タンサン久しぶりの新作ボードゲーム「カナート」の紹介記事

皆さんこんにちは。お久しぶりです。

このブログ去年一度も更新していないんですね…ツイッターは更新してたんですが…。

 

さて!今回は久しぶりの新作「カナート」を紹介させていただきます!

なんと、来る3月10日(日)ゲームマーケット大阪2019で発売します〜!

インデックス大阪ですね。

f:id:tansanfabrik:20190304210024j:plain

 

 

f:id:tansanfabrik:20190304210127j:plain

イケイケな感じの説明文。

さて、どんなゲームなのか紹介します。

 

 

カナートってどんなゲームなのか?解説していきます。まずパッケージですね。

f:id:tansanfabrik:20190305161520j:plain

A4サイズ。まあまあ大きい。中身はこんな感じ(チップ抜き済み)です。袋のロゴはオマージュです。

 

f:id:tansanfabrik:20190305161554j:plain

 

チップのゲームです。

f:id:tansanfabrik:20190305161619j:plain

 

とりあえず1人の動きを説明します。カナートというスタート地点にキャラクターがいますね。プレイヤーです。

f:id:tansanfabrik:20190305161647j:plain

 

 

チップを引きます。

f:id:tansanfabrik:20190305161709j:plain

 

 

なんか出ましたね、1。これが1の移動力です。

f:id:tansanfabrik:20190305161725j:plain

 

もういちど引きます。お、いいですね。3が出ました。これで移動力4です。いいですね。

f:id:tansanfabrik:20190305161801j:plain

 

 

 

もういちど引いてみましょう。はい、竜巻です。竜巻で乗り物が吹き飛んでしまいました。残念ですね。移動できずにターンエンドです。バースト系ですね。

f:id:tansanfabrik:20190305161816j:plain

 

 

さっきのでやめといた事にしましょう。合計で4すすみました。

f:id:tansanfabrik:20190305161801j:plain

 

 

アエオンまでいけましたね。よかった。

f:id:tansanfabrik:20190305161909j:plain

f:id:tansanfabrik:20190305161923j:plain

 

さて、CDを発掘しましょう。どうやらCDタイルが一つありますね。これを発掘することをツウっぽくディグると言います。

f:id:tansanfabrik:20190305162007j:plain

 

 

ディグはどうするかというと、🎲をふります。

f:id:tansanfabrik:20190305162026j:plain

 

 

4です。

f:id:tansanfabrik:20190305162041j:plain

 

 

このエリアの必要発掘力は5以上なんですね。ということはディグ失敗。

f:id:tansanfabrik:20190305162055j:plain

 

こんどはうまくやるぞ!えい!

6です。うまくいきましたね。

f:id:tansanfabrik:20190305162149j:plain

 

これなら発掘できます。

f:id:tansanfabrik:20190305162217j:plain

 

 

ペロッ。ガーン!CD入ってないじゃないーー!こういうこともありますね。念のため持っときましょう。空でも集めれば得点になる場合もありますので。

f:id:tansanfabrik:20190305162233j:plain

 

 

さて、気を取り直して他のところに行きましょう。

えいえい。おっ!なんかへんなロボットみたいなやつが出ました。

f:id:tansanfabrik:20190305162313j:plain

 

 

クザーモって書いてますね。なんでしょうか。

f:id:tansanfabrik:20190305162325j:plain

 

そういえば、クザーモって途中にありましたね。どうやらロボットはCDの在庫情報を持ってるらしいですね。

f:id:tansanfabrik:20190305162400j:plain

 

ロボットはソルトっていうらしい。チラシも見つけました。

f:id:tansanfabrik:20190305162421p:plain

 

 

ぺろっとその場所のタイルをめくります。おっ!クザーモにはCDがありました!

f:id:tansanfabrik:20190305162432j:plain

 

ちなみに奥にはたくさんCDが埋まってる場所もありますね。

f:id:tansanfabrik:20190305162459j:plain

 

 

そして、どうやら奥に進むほどに発掘力が低くてもいいみたいです。さっきのクザーモに戻るか、先に進むか悩みますね。

f:id:tansanfabrik:20190305162510j:plain

 

 

その場所を通過するだけでもらえるCDもあるみたいです。これは楽で良いですね。

f:id:tansanfabrik:20190305162526j:plain

 

 

ちなみに、CDを持ってる時に竜巻に遭遇すると

f:id:tansanfabrik:20190305163117j:plain

 

竜巻にいいCDが持っていかれてしまいます。せっかく集めたのに悲しいですね‥。

f:id:tansanfabrik:20190305163127j:plain

 

 

でも大丈夫!さっき見つけたソルトをちゃんとゲットしておけば‥‥。ソルトが竜巻の身代わりになってくれます。ばいばいソルト…

f:id:tansanfabrik:20190305163154j:plain

 

なんか人が出る時があります。誰?彼はディグマスター・ナイトー。サポートメンバーです。

f:id:tansanfabrik:20190305163217j:plain

 

このタイルをもってるとナイトウの特殊能力を一回使えるんですね。「必ず発掘(ディグ)ができる」らしいです。すごいですね。

f:id:tansanfabrik:20190305163245j:plain

 

でも、他の人がナイトウを出してしまったらそっちに行ってしまいます。薄情ですね。

f:id:tansanfabrik:20190305163300j:plain

 

 

 

そんな感じでCDを集めて得点を競うゲームです。他のプレイヤーもいるので一筋縄ではいきませんね。

f:id:tansanfabrik:20190305163332j:plain

 

チップがなくなったら終わり。そういう感じの30分前後で楽しく盛り上がれる、程よいゲームなので、よろしくお願い致します。

 

 

 

カナートのゲームマーケット大阪受け取りはここから予約可能です→https://t.co/EdUqJpwK90

 

また、ネットショップでも予約販売を開始しました。

 

 

ゲムマ大阪予約やネットショップの先着限定で、特別なステッカーも付いてきますよ。

f:id:tansanfabrik:20190305163412p:plain

 

 

(あっさー)

 

 

 

コンポーネントのデザイン設計によるプレイ感の違いについて

コンポーネントのデザイン設計によるプレイ感の違いについてf:id:tansanfabrik:20171219003630p:plain

 

みなさん、こんにちは。タンサンです。

この記事はBoard Game Design Advent Calendar 2017の16日目の記事として書かれる予定でした。
が、諸事情により公開が遅くなってしまいました。

申し訳ないです。

これは、みんなでボードゲーム作りのあれこれを書く企画です。
早いもので今年で4年目!


今回はボードゲームコンポーネントのデザイン設計がゲームのプレイ感に及ぼす効果についてご紹介いたしましょう!

 

たとえば、特定の条件を満たすことで得られる得点タイルがあるとします。

f:id:tansanfabrik:20171219005728p:plain

このタイルは1人1枚しか取ることができないタイルとします。
3人プレイのゲームで、3枚のタイルが用意されています(つまり全員がこのタイルを獲得できるのです)。

そういった場合いくつかのデザイン設計が考えられます。

 

まず、このタイルを中央の場に並列に置いてみましょう。

f:id:tansanfabrik:20171219011500p:plain

こうした場合、受ける印象として、得られる3点の他に、屋根の形状にもルール的な意味があるではとプレイヤーは感じるかもしれません。全員が手に出来ることがすぐに分かるので、このタイルを取ることを焦らなくなるでしょう。取らなくてもいいやと感じる人もいるでしょう。

もしくはフレーバーを大切にしているゲームなんだなと思ったり(自分の好きな形を選べるため)、タイル下に何か別のルール的要素があるのではと考える人もいるでしょう。

また、そのあと、他のプレイヤーがタイルを取ると途端にボリュームが減ります。

f:id:tansanfabrik:20171219014723p:plain

ボリュームが急に減ると、取ったほうがいいのでは?と感じる人が増えるでしょう。

3が1になる変化は見かけ上とても大きく感じます。ゲームに緩急がついてるように感じさせることができますね。



 

次に上に積み重ねてみます。

f:id:tansanfabrik:20171219012004p:plain

この場合の印象は、枚数が限られているかもしれないので、早く取らなければと思う人もいるでしょう(枚数がわかりにくいためです)。

もしくは、下のタイルはもしかしたら得点が違うかもしれないと思うかもしれません。その逆に可能性もありますね。次は高くなるかもしれないと。

そして、上のタイルを取ることで、下から数字が同じで別の屋根のタイルが出てくるとプレイヤーは、ああ、同じタイルであるが、イラストはユニークなのかと感じるでしょう。

上の並列に並べたものよりも、1枚だけなので重要感が高まります。上の場合よりもタイルを取ろうと思うはずです。

f:id:tansanfabrik:20171219015227p:plain

ただ、他のプレイヤーがタイルを取っても、場の見た目はそこまで変化しませんので、並列に並べたものよりも、プレイ感の焦りを感じにくいです。

 

 

 

そしてプレイヤーが1人1枚しか獲得できないのであれば、場に置くのではなく、プレイヤーに配ってしまうというのも可能です。

f:id:tansanfabrik:20171219012852p:plain

こうするとこのタイルは、なるべく置かなくていけないタイルなのでは、と思うプレイヤーが増えるでしょう。

これは保有効果によるものです。なんとなく持っているタイルを余らせてゲームを終えるのがもった無く感じるはずです。

これにより、このタイルをなるべく置けるようなプレイングをするように導くことができます。

 

 

上記のタイル配置は上から自由度の高いプレイングが徐々に目的に向かわせるプレイングになってくと思います。

 

以上のように、同じルールを持ったタイルであっても、その置き方ひとつでプレイヤーが受ける印象は変わります。

全員に当てはまることではありませんが、このようなデザイン設計による効果をうまく使うことで、なるべく多くのプレイヤーをルールの意図に沿わせることが可能です。

 

作者の意図するルール設計に近い物をちゃんとチョイスしなければ、なんだかチグハグなゲームだなという印象を受けてしまうのできをつけなければいけません。

 

 

 

 

※記事の掲載が遅れてしまった罰として、遅れた3日分の記事(デザインにかんする記事を3つ)を年明けに追加させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスにピッタリかと思ったらそうではないボードゲーム1選!!

クリスマスにピッタリかと思ったらそうではないボードゲーム

サンタ・クルーズ

でも面白いからオススメ!

 

Santa Cruz

Santa Cruz

 

 

 

という記事をブログの下書きから見つけた。書いたのは4年も前だ。

せっかくだから日の目を見せることにした。

秋の活動報告

みなさん、こんにちは!

秋ですね、京都は紅葉が見頃です。

 

ゲームマーケット秋には不参加(活動を始めてから初めて)なのでいつもの告知は無いんですが、いろいろとお仕事をさせていただいておりますので、ご報告です。

 

こっちやさんの京都エクスプローラーやりました。京都の観光地の描き下ろしなので、気合入ってます。是非宜しくお願いたします。

 

 

 

ディアシュピールさんのプライバシー日本版もやりました!人を選ぶゲームではありますが、好きな人は好きなんじゃないでしょうか!

 

 

 

 

ケンビルさんのバイバイレミングもやりました。倍数をつかっていて、ルールも簡単で面白いですよ。

 

 

 

 

NGOさんのババンクのリメイクもやりました。チップがめちゃくちゃなコンポーネントになって最後のターンが更にアツい!!あそんでください。

 

 

 

 

もう発売しているゲームの紹介です。

 

スイッチゲームズさんのタイムボム(新版)のグラフィックデザインをやりました。

326さんのイラストがいいですね〜。おもしろいのでぜひ。

 

 

ナンバーナインの日本語版もやりました!おもしろいです。

得点計算用のトラックがパッケージにある、親切な日本限定パッケージです。これはメビウスママのアイデアなので、パッケージ正面にある得点トラックのことをこれからは「ママフレーム」と呼んでみてはどうでしょうか(なかなか呼ぶ機会はないとおもいますが・・・)

 

そんな感じです!よろしければお願いたします。

あと、いつものWEB SHOPでゲムマの期間限定として缶々のゲーム販売をやってますので、よければぜひ。

shop.tansan.co

もしかすると、ゲムマの日には限定ステッカーも!?

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

(あっさー)

 

残暑お見舞いと最近の活動報告

みなさん、こんにちは。残暑お見舞い申し上げます。

暑い日が続きますね。ご自愛ください。

 

さて、最近の活動報告です。

 

デジャブの日本語版を作りました。パッケージだけロゴと一緒に変更しました。

 

カードゲーム デジャブ 日本語版

カードゲーム デジャブ 日本語版

 

 

 

グリュックスの日本語版のローカライズをやりました。

 

グリュックス

グリュックス

 

 

 

メビウスさんのやつはもう一つやっておりますが、発表はまだみたいですので、ご期待ください!

 

 

 

また、アークライトさんののびのびホラーもやりました。

 

のびのびTRPG ザ・ホラー

のびのびTRPG ザ・ホラー

 

 

 

SNEさんのマネーの日本語版もやりました。これはまるっとデザインを変更しています。

 

マネー

マネー

 

 

 

あ、あと

ロゴやら内装やらお手伝いしたB-CAFEさんが一周年!
うれしいですね。

 

 

あと、今週末のボードゲーム王選手権のチラシの絵も描いてます!

 

という感じです。

ほかにも色々やってます。最新情報はツイッターをフォローしてくださいね。

タンサンファブリーク (@TANSANFABRIK) | Twitter

 

 

 

 

(あっさー)

 

 

ゲームマーケット2017春の新作情報

 

クチクチマシンシャベレースというゲームを作りました。

言葉を喋ってレースするというゲームです。

山手線ゲームをリアルタイムでやりつつ、コーナリングではコースアウトしないように言葉を選びながら、相手のトラップに引っかからず、ニトロワードを言って加速し、いち早くゴールを目指す、みたいなゲームです。

 

ちょっとした時間にやってわっと盛り上がれるようなゲームです。

好きな人は好きなゲームだと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

他にもいろいろあるので、よろしくお願いします。

 

 

また、他のブースさんのゲームもやっております。

 

 

 

 

 

 

あ、あと、ライトニングトークというゲームマーケットの会場でやってるプレゼンのイベントにもでます。

 

ゲームマーケット2017春に来られる皆様はぜひ〜!

 

よろしくお願いします。

 

 

 

(あっさー)

 

2017年、冬〜春のまとめ記事

みなさんこんにちは、最近のまとめをツイッターを貼り付ける感じでまとめたいとおもいます。

 

まず、イベント告知です。

うちの事務所が入っているthe SITEというところでやります。

お誘い合わせの上ぜひ遊びに来てください。

人数きたらキャプテンソナーとかやろうと思っています。

 

春のゲームマーケットにでるカワサキファクトリーさんのルールの達人のアートワークをやっております。好きにやらせてもらいました。これについてはまた記事書きます。

 

 

発売!デカスレイヤー。夢の共演です。

ちょっとした小ネタ

これについても記事かきたいところ。 

 

 

4月中旬に新しい人間ゲームを発売します。おまたせしていた皆様、申し訳ありませんでした。ツイートでは3月って書いてますが、4月の間違いです。

f:id:tansanfabrik:20170330151037p:plain

 

 

グループSNEさんのロイヤルターフのリメイクをやりました。賛否両論あり、話題になりました。

f:id:tansanfabrik:20170330151132j:plain

f:id:tansanfabrik:20170330151135j:plain

 

 

 

ケンビルさんのゾン噛まが新しくなりました。こちらも引き続きやらせていただきました。さらに拡張もあるので、より大人数で楽しめますよ。

 

 

クルー8という勉強系のゲームのグラフィックもやりましたよ。

 

 

ということで、最近はツイッターばっかり(そんなに投稿が多い訳でもない)なんですが、春からはブログもちゃんと動かして行かないとという感じで頑張りたいと思います。

 

あ、そうそう、去年事務所移転しました。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

(あっさー)

 

©TANSANFABRIK