読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

あけましておめでとうございます

昨年はボードゲームを軸にいろいろな経験をさせていただきました。

今年は一層羽ばたける1年になるようにしたいと思います。

2017年もタンサンをどうぞよろしくお願いいたします。

ペアーズ バリエーションルール:ディッシュ・マンション / The Dish Mansion

テンデイズゲームズさんの「ペアーズ」ルールコンテスト6月に応募したバリエーションルールですが多分入選してないので、せっかくだから、年末遊べるように公開します。遊んでみてください。

ルールコンテストについてはこちら→

「ペアーズ」ルールコンテスト:入選作発表(3) – テンデイズゲームズブログ

 

 

バリエーションルール:ディッシュ・マンション / The Dish Mansion

 

プレイヤー数 3−4

必要なもの:ペアーズデッキ1組

 

獲得したカード枚数と同じ数字のカードを手札から捨てることができます。

手札をいち早くなくしたプレイヤーが勝利します。

ただし、カードを獲得するときにペアになってしまうと相手に得をさせてしまうので気をつけなければいけません。

 

 

 

◯ゲームの準備

カードをよくシャッフルし、プレイヤーが3人なら6枚、4人なら5枚のカードをそれぞれ受け取ります。

残りは裏向きに重ねて山札とします。

それぞれに配られたカードの内容を確認し、その中からカードを1枚選んで自分の手札にします。

残ったカードは左隣のプレイヤーに渡します。

右隣のプレイヤーからまわってきたカードから、また1枚選び自分の手札にします。

これを繰り返し、配られたカードがすべていずれかのプレイヤーの手札になったらゲームを始めます。

 

 

 

◯ゲームの進め方

手札からカードを1枚選び、全員同時に出します。最も小さいカードを出したプレイヤーがスタートプレイヤーになります。このカードは捨て札にします。もし、最も小さいカードが複数あった場合はそれぞれが山札からカードを1枚めくり、最も小さい数字を出したプレイヤーがスタートプレイヤーになります。このカードも捨て札にします。スタートプレイヤーが決定するまでこれを繰り返します。

スタートプレイヤーから時計回りに手番をこなします。

 

手番には2つの行動のうち、どちらかを行います。

 

 

1 山札をめくる

 山札からカードを1枚めくり、みんなに見えるように表向きにします。

 カードを1枚めくるごとに、

  A もう1枚カードをめくる

  B カードをめくるのをやめ、それまでにめくったカードを獲得する

 のどちらかを選ぶことができます。

 獲得したカードは自分の前に、(手札とはまざらないように)置いておきます。

 1枚ずつ何枚でも、連続してカードをめくり続けることができますが、

 この手番中にめくったカードと同じ数字のカードを再度めくってしまうとアウト!

 この手番中にめくったカードは全て捨て札にして、次のプレイヤーに手番が移ります。

 このとき、ほかのプレイヤーはかぶった数字と同じ数字のカードを持っていれば、手札から捨てることができます(何枚でも)。

 

 ゲームの途中で山札が尽きた場合は、捨て札を集めてシャッフルし、新たに山札を作って続けます。

 

 

2 手札を捨てる

 これまでに獲得したカードを全て捨てることで、その「枚数」と同じ「数字」のカードを手札から捨てることができます(何枚でも)。

 例:獲得したカードを「7枚」捨てると、手札の「7」のカードを好きな枚数捨てることができます。

 

 1回の手番に手札から捨てることが出来るのは1種類のカードのみです。

 手札を捨てると自分の手番は終了です。次のプレイヤーに手番が移ります。

 

 

★特殊な効果 「十」

獲得したカードが10枚以上になったら、その瞬間に獲得カードは自動的に全て捨て札になり、

任意の数字カードを手札から捨てることができます(1種類のみ、何枚でも)。

 

 

 

◯ゲーム終了

最初に手札をすべてなくしたプレイヤーの勝利です。

 

 

 

ペアーズ日本語版:ボールゲームデッキ

ペアーズ日本語版:ボールゲームデッキ

 

 

カードの情報の載せ方の考え方について

f:id:tansanfabrik:20161216105942p:plain

みなさん、こんにちは。タンサンです。

この記事はBoard Game Design Advent Calendar 2016の16日目の記事として書かれました。みんなでボードゲーム作りのあれこれを書く企画です。今年で3回目ですね。

 

そして、諸事情によって16日目の公開が随分と遅くなってしましました。

楽しみにしていた方、大変申し訳ございません。

 

普段はボードゲームの見た目を作る仕事が多いので、それについての記事を書きます。普段の仕事はコチラをご覧ください→www.tansan.co

 この記事は主にボードゲームにおけるアートディレクションについて書いています。

そのへんに興味がある方は今年のアドベントカレンダーの1日目オインクゲームズのコンポーネントデザインや12日目のこだわりが見えるゲーム・コンポーネントもあわせて読んで見るのが良いでしょう。

 

アートディレクションとは?

まず、ボードゲームの見た目を表すときに使う言葉をいくつか上げてみます。

コンポーネント

・アートワーク

・イラスト

グラフィックデザイン

DTPDesktop publishing)

 

 

使う人によって差はありますが、概ねこういう感じではないでしょうか。

コンポーネント →紙質や加工法、形をあわせたボードゲームの見た目すべて

・アートワーク →イラストとデザインをあわせた見た目すべて

・イラスト →絵

グラフィックデザイン →絵以外の見た目すべて

DTPDesktop publishing)→文字を組み、印刷可能な状態を作ること

  

アートディレクションとは主にこれらをどうするか決めるということです。

このあたりは、去年の記事に書きましたので、ご確認ください。

ボードゲームのアートディレクションについての実例 - TANSANFABLOG

 

また、アートディレクションはルールをどのような体験として再現するか、ということに綿密に関わってきます。

 

たとえば、同じ設定を持つ2枚のカードがあります。

f:id:tansanfabrik:20161220153942p:plain

右と左は同じ数値なのですが、右のカードの方が数値の意図がぱっと見てわかるかと思います。

例えば、こんな感じです。このカードは赤の2で、何かしら望ましくないものが3つあり、勝利点が4で、カードに関するなにかが5である。

 

これがグラフィックデザインによってプレイアビリティを高めるアートディレクションです。

アートディレクションとはゲームのルール体験をよりよいものにするためにあります。

 

今日はそういったアートディレクションの考え方についてお伝えできればと思います。

 

 

カードの情報の載せ方の考え方

カードに乗る情報は、配置と強弱によってゲームの進行の助けを行うべきです。

まず配置について考えていきましょう。

カードゲームを見たときに、視点移動はこのようになります。

f:id:tansanfabrik:20161220155620p:plain

 

ゲームで数値を使用する順にそって、この視線移動に配置していくのが体感としてのプレイアビリティを高めます。

f:id:tansanfabrik:20161220181329p:plain

上記のようにゲームに使用する順に赤、黄色、青に配置していくのが良いです。

ただし、一番下の赤囲みの部分は慣習として能力の文章が入る場合が多く、多くの人がそのように学習しているので、視点移動には含まれないので注意が必要です。

 ただ、この場合も、以下の赤囲みに関連する情報を赤の部分に用意することによって、赤囲みへの誘導をすべきです。

 

例えば最初に見せたカードですとこのように設計されていると思います。

f:id:tansanfabrik:20161220182651p:plain

順番のルールに従うことで、カードを見ただけでもなんとなく理解できるようになり、ルールの理解が早くなるはずです。

 

ただ、下の5枚あるなにかの効果がわかりにくいのでこのようにしても良いかもしれません。上記のマークとカードの効果が紐づく事で理解を促します。

f:id:tansanfabrik:20161220182829p:plain

 

 

さらに情報の強弱について、髑髏の3を見てみましょう。

f:id:tansanfabrik:20161220183445p:plain

一件同じに見えるカードですが、髑髏が数字表示と個数表示に分かれています。

数字表示の場合、髑髏は常にあるもののように印象を受けます。逆に個数表示のものは占有面積からかなりマイナス点の多いカードであるような印象をうけると思います。

これは0の表示方法のちがいを意識してもらえると理解出来ると思います。

f:id:tansanfabrik:20161220183836p:plain

左の場合、0の方がレアパターンであるような印象をうけるでしょう。逆に右の場合は0のレア感はありません。

些細なことですが、多くの方は、同じ情報のカードでも右と左ではリスクにたいする感覚が違ってくるはずです。

このように情報の載せ方次第で、ゲームのプレイ感に少なからず影響を与えてしまいます。

 

また、先程の髑髏に数字を使ったパターンの配置を変更してみましょう。

f:id:tansanfabrik:20161220184739p:plain

先程の2の先に髑髏の3を持ってきました。

体感としては、それまでは、2をだすと3のペナルティが起きるという意識だったのが

3のペナルティによって2が出せる、という印象になった方が多いと思います。

この場合ゲームの体感の変化としては、どのくらいペナルティを喰らわないかだったプレイ感が、どのくらいまでペナルティをくらうかというプレイ感になるでしょう。

このあたりは個人の感覚の違いもありますが、概ね同意していただけるのではないでしょうか。

 

また、上記の場合左右の2は情報性が変わったので、なくしてしまう方が良いかもしれません。

f:id:tansanfabrik:20161220185203p:plain

これにより、一層ペナルティ感が増したのではないでしょうか?

 

このようにカードの情報をデザインすることで、ゲームのプレイ感を演出するのがアートディレクションであり、ゲームの見た目を作るときに重要です。

 

 

 

 

(あっさー)

 

 

 

久しぶりの新作ボードゲーム「はじめまシックス」を出します。

こんにちは、12月11日のゲームマーケット2016秋にブースだしてます。

B04です。会場の奥の方です。

 

gamemarket.jp

 

新作「はじめまシックス」をだします〜!

 

 

 

 

 

ぜひお願いします〜!!

 

限定ステッカーもあるよ!

 

ほかにもイロイロ!

遊びに来てね〜!!!

 

【11月24日(木)】ボードゲームの面白さを伝えるの大好き選手権(BOD)開催いたします!

 

 

f:id:tansanfabrik:20161121150209j:plain

突然ですが緊急告知!
来週11月24日(木)、渋谷のヒミツキチラボという会場を使って「ボードゲームの面白さを伝えるの大好き選手権(BOD)」を開催いたします! ぼくらとJELLY JELLY CAFEさんの合同企画です!

何するの?

ボードゲームの面白さ、もっとたくさんの人に伝えたい、でも伝えるの難しい・・・! という想いから始まったこの企画。ボードゲームが大好きで、面白さを伝えたい!というプレゼンターの方をお呼びして、ひとり持ち時間6分のボードゲームプレゼンをしていただきます。全てのプレゼンが終わったら観客の皆さまからどのプレゼンが一番よかったかを投票していただき、MVPを決定します!

誰がプレゼンするの?

ボードゲーム業界からバラエティに富んだメンバーを集結!!!

いけだてつや(ボードゲーム大好き芸人)

f:id:tansanfabrik:20161121150223j:plain

 

 

だてあずみ。(アソビCafe)

f:id:tansanfabrik:20161121150235j:plain

 

 

ねいじまとーこ(ボードゲームアイドル(僭称))

f:id:tansanfabrik:20161121150258j:plain

 

 

珠洲ノらめる(しゅぴ〜る遊園地)

f:id:tansanfabrik:20161121150315j:plain

 

朝戸 一聖(タンサンファブリーク)

f:id:tansanfabrik:20161121150332j:plain

 

 

白坂 翔(JELLY JELLY CAFE)

f:id:tansanfabrik:20161121150353j:plain

ゲスト参加枠

当日はゲスト参加枠も数名分用意する予定です。「ボードゲームのプレゼンしてみたい!」という熱い想いをお持ちのボードゲーマーの方は、参加申し込みフォームよりご記入をお願いいたします。

イベント概要

ボードゲームの面白さを伝えるのは難しいのか?
そんな疑問に答えるべく全国からボードゲームの面白さを伝えるのが好きな人が集まり
ボードゲームの面白さの伝え方をプレゼンする選手権。
BODプレゼンターたちのトークを聞けば、きっと今夜にはボードゲームが遊びたくなる。

※このイベントは、プレゼンターがひとつのボードゲームについて、その魅力を語り、ボードゲームの面白さを伝えるためのあらゆる方法を惜しげもなく披露し、ひとりでも多くの人にそのゲームを遊んでみたいと思わせるようなプレゼンテーションをするイベントです。

日時

2016.11.24(木)
19:00 OPEN
19:30 START
21:30 CLOSE

料金

前売 2,000円

会場

道玄坂ヒミツキチラボ
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-12 長島第一ビル2F

参加方法

以下の公式ページよりお申し込みをお願いいたします。たくさんの方のお越しをお待ちしております!

ボードゲームの面白さを伝えるの大好き選手権(BOD) | 実験型イベント企画スペース ヒミツキチラボ Produced by SCRAP

 

 

 

※JELLY JELLY CAFE さんのページから転記しました。

jellyjellycafe.com

 

 

 

【追記】

 ジェリージェリーカフェさんが当日のプレゼン動画をアップロードしてくださっています。

youtu.be

 

 

 

遊べるLINEスタンプ「いきなりスタンプゲーム」というのを作りました。

TANSANnews

みなさん、こんにちは。

LINEで雑談中にゲームをやりたいな〜と思った人!

そんなみなさまのためにLINEスタンプで遊べるゲーム「いきなりスタンプゲーム」というのをリリースしました。通称「いきスタ」

f:id:tansanfabrik:20160528155045j:plain

いきなりスタンプゲーム - LINE クリエイターズスタンプ

 

では早速どんなゲームなのかというのを紹介したいと思います。

ゲームのルールはスタンプ画面に入っていますのでこんな感じでルールをスタンプで説明できます。

f:id:tansanfabrik:20160528155259j:plain

 

簡単な説明はLINEスタンプ購入画面やスタンプに任せるとして、ここではより詳細なルール説明をしたいと思います。

 

f:id:tansanfabrik:20160528155358p:plain

 

 

f:id:tansanfabrik:20160528155408p:plain

 

f:id:tansanfabrik:20160528155417p:plain

というゲームです。

 

実際、こんな感じになります。

 

 

まずは、いきなりスタートからのスタート!

慣れてきたらルール説明無しでいきなりはじめましょう!

f:id:tansanfabrik:20160528155517j:plain

こういう風にそれぞれが、数字スタンプを押していきます。(もちろん、数字を直接書くのでも大丈夫です)

 

 

 

相手と同じ数字のスタンプを押してしまうとアウトです!

f:id:tansanfabrik:20160528155523j:plain

 

 

 

f:id:tansanfabrik:20160528155545j:plain

 

終了すると、かぶってしまった人はまず負けになります。

そして、かぶらなかった人の中で、押した数字の合計が1番大きい人の勝利です。

例、1,3、5と押していれば9点になります。

f:id:tansanfabrik:20160528155822j:plain

 

なので、後で押すほど高得点!

ただし、それまでに勝負が終わってしまっている可能性もあります。

もちろん、押しまくれれば強い!がしかし、これもかぶってしまう可能性が高くなる!

という感じのゲームです。

 

f:id:tansanfabrik:20160528160039j:plain

負けた人には罰ゲームをしてもらってもいいでしょう。

2人いるので、チョットだけ心が軽いですね。

 

1人が持っていれば皆で遊べる!

ぜひお願い致します〜!

いきなりスタンプゲーム - LINE クリエイターズスタンプ

 

はたして、20を押せる日は来るのでしょうか…。

f:id:tansanfabrik:20160528160329p:plain

 

ぜひ休み時間や休みの日などに遊んでみてください〜!

特にLINEグループの会話がなんかピリピリしてきたな、というときにはこれで気分転換!

楽しく遊ぶと会話が流れちゃうので、ピリピリした会話はこの際忘れちゃいましょう!

 

それではみなさん

f:id:tansanfabrik:20160528160621p:plain

f:id:tansanfabrik:20160528160632p:plain

store.line.me

 

 

 

【こんなのも出してます】

f:id:tansanfabrik:20160528160836p:plain

https://store.line.me/stickershop/product/1258956/ja

こちらも一緒にドウゾ。

 

(TANSANFABRIK)

 

5月はゲームマーケットへGO!

みなさまこんにちは、タンサンです。

ぎりぎりの告知ですが、明日のゲームマーケット2016春の情報を載せさせていただきます。

f:id:tansanfabrik:20160504091332j:plain

 

ブースの場所はココです。

 

いつものように限定ステッカーも用意しています!

 

他にも、タンサンの定番ゲームをゲームマーケット特価にてご用意しております!

森永さんのゲームをつくりました。

おっとっとを食べながら遊べるようなトランプのルールが沢山はいったゲームパックです。

 

ペアーズ 日本語版 -ボールゲームデッキ-

テンデイズゲームズさんのペアーズ日本語版のバリエーションの1つを作らせていただきました。

 

他にも製作のお手伝いをしたもの

他には、このようなお手伝いをさせていただいております〜。

 

 

 

 

いずれもゲームマーケットで販売されるようですので、よろしくお願いします!

 

(TANSANFABRIK)

 

カードゲーム ラドラボ

カードゲーム ラドラボ

 

 

©TANSANFABRIK