読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

ポイズンとグリーンには とにかく お気をつけて

世の中は理不尽だ。


自分では間違っていることでも、大多数の人間がそれで納得しているなら、自分もそれで賛成しなければいけないときだってある。

そんな時、和を重んじる僕たちに場をかき回すような事は言えない。


世の中みな気をつかって生きている。


自分の意見を押し殺し、空気を読むということを強いられて、へらへらへつらうのが世の常だ。


我が強すぎればたちまち押し殺されてしまう。

出る杭は打たれる。


なかなか自分の思いを人に伝えることはムズカシイ。



だが、彼は違う。


彼は例え立場や年齢が上の人間にも臆することなく、自分の意見を述べる。





「いい大学入っていい会社になんか入るより
オレは―――いいダチ公見つけるほーがよっぽど
財産になると思ってますんで」


鬼塚先生はこんな具合に校長に向かって言っていた。



しかし、鬼塚先生は肝心な事を言わなかった。

そのいいダチ公をどうやって得ればいいのか?



答えは簡単。





言いたいことを言えない世の中ではこのゲームだ

ポイズンである。




いや、ただそれが言いたかっただけです。




このゲーム、1色のカードの合計が13を超えないように3色のカードをうまく出していくゲームだ。

13を超えると超えてしまった人が引き取らなくてはいけない。

その枚数はそのまま、-1点になる。


そんな感じで進んでいくゲームだ。



このゲームなんと言っても雰囲気がすばらしい。



うーん、なんとまがまがしいんだ。

もやもやはなんだろ、毒素かな。



ちなみに緑は毒薬で−2点だ、−3点だったかもしれない。どっちだっけ?


このゲーム、誰よりも一番多く持っていた色に関してはノーカウントにできる。

貰ってしまったのなら集めるべし!

ただし緑、おめーは無理だ。



これが裏である。


このポイズンのポイントは緑なんだということがわかる。


このゲーム、戦略なのか運なのかよくわからない。

しかし、流れというのが存在していて、一度取ってしまうと、何度も取る羽目になる。

なんとも不思議なゲームだ。回数も人数回こなす。運の要素を減らしているのか、いないのか。



とにかく不思議なゲームだ。







赤、青、紫の薬は毒なのかなんなのか、それが一番の謎だ。




(あっさー)

©TANSANFABRIK