読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

本屋でボードゲームナイト-ボードゲームカフェFOLK、開店!-レポ

レポート

大阪北浜の本屋FOLKさんで開催されたかたちラボさんが主催するイベント、本屋でボードゲームナイトのレポートです。


沢山の方に来ていただき、大盛況となりました。





FOLKさんの地下が会場なのですが、すこし狭いくらいに人が入っています。

内部はすでに美味しいコーヒーのにおいでいっぱいです。

芦屋のTORREFAZIONE RIOのバリスタ、八木俊匡さんをゲストにお招きして

本格的なスペシャルティコーヒーを入れて頂きました。

八木さんはまだまだ知名度の浅いスペシャルティコーヒーに対してなみなみならぬ情熱をもっておられます。



本屋でボードゲームナイトは、だいたいいつも、最初に軽くゲームで遊んでからメインイベントのコーヒーイベントに入ります。


当日の流れとしては


コーヒーを使ったゲーム「カップリンコ」

コーヒーたほいや

「カップリンコ」リベンジ

という感じの流れです。


コーヒーたほいや

コーヒーのよくわからない言葉を使って、それっぽい意味をでっち上げるゲームです。

グループになって考えます。



そして、発表。


こんかいのお題は「どーしんぐ」です。

いろいろな、意味がありますね。みなさんはどれだと思いますか?


ちなみに、当日もどれが正解か答えてもらって、正解したら得点です。

さらに、誰かを間違わせると追加得点が入るので、みなさん、それっぽい事を考えます。


いろいろなアプローチがあるのでとても面白いです。

中には導芯具などというのもあって、面白いですね。



ちなみに正解は「エスプレッソなどでコーヒーの粉を平らにならすこと」です。


均一にすることでムラのないコーヒーが入れられるそうなので

ドーシングはバリスタにとって重要な技術なんですって。




そしてカップリンコです。


やることはとても簡単。グループにそれぞれ同じコーヒーを飲んでる人がいるので

うまく味を言語化して、見つけてペアを作るゲームです。

いろいろな表現をするチームがいるもので、なかにはコーヒーの味を犬の種類に例えるところなんかも。



そして、答え合わせの時にはどわっと盛り上がります。


その後の感想も熱いっ!




ちなみに完全正解するチームはありませんでした。



味って相対評価は出来ても絶対評価は難しいのですね。


このゲームを通じて、コーヒーの風味に対して、興味を持っていただければとおもいます。



当日はMoBゲームズの宮野さんや、梅田LOFTの方、放送作家の方や、ゆうもあのアサさん、コピーライターの方、そのたいろいろな方がいらっしゃっており、かなりバラエティ豊かな回でした。

来てくださった方、ありがとうございます。





そして、都合があわず、来られなかった方




お次のかたちラボ主催、本屋でボードゲームナイトは賽苑さん回です。


バレンタインをテーマに告白×ボードゲームというコレまた面白そうな企画ですね。


「自分の気持ちを伝える」「相手の想いを感じる」ゲームで、仕草やセリフから相手の気持ちを見抜く心理ゲームもやるそうですよ!



興味ございましたら是非ご参加ください〜→http://booklife.old-folk.shop-pro.jp/?eid=505756







(あっさー)

©TANSANFABRIK