読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

四つ葉といえばバターかフォレロッテ

久しぶりのゲームレビュー。
今日はフォレロッテです。

これです。

サイコロが飛び出してますね。ダイスゲームです。見たらわかりますね。


ルールは自分の番に、カードを1枚めくり、サイコロを6個振ります。


そして、得点にするサイコロを最低1個は脇によけます。これはキープするということです。



得点になるサイコロの目は、1と5の目は1個でも出ていれば得点になります。

そのほか同じ目が3個出ていたも得点になります。


得点になる目をキープしたら、残ったサイコロをまとめて振りなおすことができます。

振りなおさず手番を終われば、そのときまでに取った得点が確保されます。


振りなおして、まだ得点になる目が出ていたら、それもキープして、続けるかやめて得点を確保するか決めることができます。


振りなおしたときに、得点にできる目がひとつもない場合、その手番で得た得点はすべてなくなり、手番が終了してしまいます。


引き際を考えるゲームですね。


先に6000点くらい取ったら勝ちです。


ちなみに、サイコロ6個全てを得点にできた事を


フォレロッテ


と呼びます。

重要なことですので覚えておいてくださいね。



このゲームのポイントはカードを引いてその指示によってボーナスポイントがある点です。




ではめくってみましょう。









おっと、良く出るカードが出ました。


これはフォレロッテを出すとボーナスポイントが入るという物です。

この場合、ボーナス500点ですね。






おっと、これはフォレロッテの時の得点を倍にするカードですね。








これは自分に+1000点

トップの得点の人に−1000点という、攻撃にもなるカードです。


これは成功させたいところですね。







おっと、これは強制カードですね。


通常と違い、サイコロの目を全てそろえると達成です。


ま、だいたい無理ですけどね。







おっと、これが出るとガックリです。


これは自分の番がそこで終わるという意味です。

問答無用で次の人の番です。世知辛い。


ちなみにフォレロッテをだして、得点を貰っても、さらにサイコロを振ることが出来ます。

フォレロッテの後にもう一度サイコロを振るときはまたカードをめくらなければいけないのですが、そのときにコレが出てしまうと、一瞬で終わってしまいます。

そんな時は日頃の行いが悪かったと、素直に反省しましょう。






そしてこれ。四つ葉カード。


これが来たらスーパーフォレロッテチャンスです。


なんと、2回フォレロッテを出せば無条件で勝利という。


ものすごく運だけのカードです。

いままでのゲーム運びを無視する四つ葉カード。

必要なのは運だけです。でもいいんです。そういうもんなんです世の中。


コレで勝った人は日頃の行いが良かったのでしょう。


素直に喜びましょう。







そうそう、四つ葉といえば、日頃の行いのいい僕は京都のヤサカタクシーでも四つ葉です。



普通は三つ葉マークなのですが、希に四つ葉のタクシーがあり、乗るとこんなカードがもらえます。レアです。

サイコロを振っても料金はタダになりませんよ。



(あっさー)

広告を非表示にする
©TANSANFABRIK