読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TANSANFABLOG

TANSANのブログです。

普通に紹介モノポリーディール

モノポリーディールがAmazonより届きました。

いかにもというデザインです。

ですが、アメリカでは2009年の夏の発売してから、すでに約600万セットを販売しており、ベストセラー商品になってるようです。


600万セットとはすごいですね。

こういうのがキチンと売れるところがボードゲーム大国ですね。




ちなみに裏面はこうです。


コンビニにも並ぶらしいですね。




ゲームはとてもシンプルです。

こういう権利書を3セット集めると勝利です。


権利書はモノポリーおなじみの通りばかりですね。

電気会社や水道会社、各種鉄道会社など。




ちなみにカードの裏面です。


うまいことモノポリーの要素をカードに落とし込んだと思えるつくりです。


そのくせ、15分くらいで終わるなんて、モノポリーとして大丈夫なのかと思ってしまいます。

運の要素も多く、細かい交渉もありません。


なので15分くらいで終わるのはとてもちょうど良いくらいです。




おきまりの家とホテルもあります。

これが出てくると恐怖感が高まりますね。なぜなら権利書の金額を相手に請求することが出来るのですが、同じ色の権利書が枚数が増えるほど金額が高くなるからです。



ルールは簡単。


自分の番では3枚までカードが出せます。



お金と権利書とアクションカードです。


これがお金です。

これを場にだすとお金として利用できます。

支払いに使いますので、足りなければ権利書が奪われてしまいます。

最初にお金をキチンと用意しておくのが重要だと思います。

ここらへんはモノポリーでの鉄則ですね。キャッシュフローが重要です。





権利書にはワイルドカードもあります。ジョーカー的なカードですね。






そして今回のキモである。アクションカードです。

いろいろ効果のあるカードがありますが、重要なカードはこの二つです。


これを使えば相手の権利書を奪うことが出来ます。

特に紫の「のっとり」のカードほど恐ろしいものはありません。あいての権利書の1セットをまるまる奪うことが出来るからです。

今回のポイントですね。拒否という防御カードもありますので是非持っておきたいですね。



場はめまぐるしく動きます。

終わるときはあっけなく終わります。


そこらへんは15分のゲームなので、さくっと遊べます。

空いた時間にさくっと遊ぶにはもってこいのゲームでは無いでしょうか。

なんてったって安いのでオススメです。





無性にイライラするカード

強制的に誕生日を祝わされます。

何回誕生日があるんだお前は。



モノポリーディール

モノポリーディール


[rakuten:omocha-mura:10030405:detail]



(あっさー)

広告を非表示にする
©TANSANFABRIK